スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お越しくださりありがとうございました
みなさまに良きことがたくさん訪れますように…

Talking Lips(おしゃべりクチビル)


李英順さんのTalking Lips(おしゃべりクチビル)。
15×15cmの折り紙を1枚使用。

作品名のとおり口がパクパクと動く。



世界中で人気がある作品だそう。
ちょっとこわい…と思うのは私だけ?

“月刊おりがみ438号”を参照。
関連記事

お越しくださりありがとうございました
みなさまに良きことがたくさん訪れますように…

コメント

No title

うわーヘ(゜ο°;)ノ
少しびっくりしますね(^o^)

しかし、見事な口です♪

これを美術館の入口につけて、音声案内をすれば大好評\(^o^)/

シツコイゾ(´-ω-`)(^o^)モ,モウヤメマス

昔親父がホースの先っぽ曲げて
「よっちnが泣いた口、うえーん」
とかふざけたことを言っていたのを思い出しました( ̄▽ ̄;)

口、つながりで…

2015/01/22 (Thu) 23:09 | よっちn #- | URL | 編集
Re: よっちnさんへ

コメントありがとうございます(o^^o)

このお口からいろんな発想が生まれて…
よっちnさんは企画とか営業センスもありそうです!

私には全然思いつきませんでした〜(^^;;
自分で作っておきながら、なんか怖い〜としか思えなかったです。

うちの母も昔は変なこと言ってからかったりする人でした。
母曰く、それも愛情表現なんだそうです〜。
子どものころの私には理解できませんでしたけど…(^^;;

2015/01/23 (Fri) 00:52 | みっぽ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。