スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お越しくださりありがとうございました
みなさまに良きことがたくさん訪れますように…

風車箱


川崎敏和さんの風車箱。
15×15cmの京千代紙を2枚と
15×15cmのグラデーション折り紙を6枚使用。

らせん折り、うず留め、うず組み、うず隠しを使ったユニット作品。

箱を開けると…

箱も本体も同じ折り方で、
本体の底はうず隠しがしてある。

本体の底

とてもスッキリとした美しい仕上がりになる。

パーツを組む時にうず組みをしてから立体に成形するのが面白い。
きれいにパタパタ組めるのでおぉ~!ってなった。

“博士の実用夢折り紙”を参照。

関連記事

お越しくださりありがとうございました
みなさまに良きことがたくさん訪れますように…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。